買い物
か ご

米麹(生) 500g

米麹(生) 500g
650円 / 袋

価格は税込(消費税 8% )です

数量などは買い物かごページで選択できます

一般的に販売されている麹は篩(ふるい)から落ちた少し厚みの薄いお米が使われていることがありますが、当園の麹はお酒にしても良い粒の大きい山田錦を100%使用しています。
もちろん山田錦は当園産の農薬不使用、化学肥料有機肥料不使用のお米です。

山田錦は酒造好適米と呼ばれています。酒造りに最適な山田錦ということはつまり、麹にすることに最適だと言えます。
理由は、粒が大きいことで米粒に残るでんぷんが多く、麹菌の力が強くなります。
甘酒にしたときにはでんぷん量が多い分、糖化する量も増え、甘みの濃いものに仕上がります。
ぜひ一度お試しください。


【なぜ酒米である山田錦を作るようになったのか?】
もともとアルコールがまったくだめだった園主が飲めたお酒がありました。
それが自然栽培で栽培された山田錦のお酒でした。
「あ!こんなお酒になる山田錦を自分も栽培してみたい!」
そう思うようになりました。しかし、お酒の仕込みに使われるお米は栽培前から契約されているものが多く、酒蔵とつながりが無かったのですぐには栽培できませんでした。
また、この思いとは別に無農薬の田んぼを増やすことで少しでも環境回復になる活動がしたいと思うようになり、酒米だと収穫できれば決まった金額で売れるということから、自分以外の農家にも無農薬での稲つくりを広げられるのではないかと思いました。
この二つの思いが合わさり、「宗像日本酒プロジェクト」が始まりました。
このプロジェクトは無農薬の稲作を広げ、環境回復を進める取り組みです。出来た酒米は事前に契約された酒蔵さんに買い取ってもらうため、自分以外の農家さんにも無農薬の稲作に取り組んでもらいやすくなります。そのため、多くの農家で無農薬の稲作が増えればその分、環境回復への助力も増えていくものと考えています。
このプロジェクトがきっかけで山田錦を栽培するようになりました。
お酒にするためには仕込む樽の大きさによって最低限のお米が決まります。初年度はこれを下回らないようにと多めに作付けした結果、多くの山田錦が余ってしまいました。そこで、余った山田錦を麹にしたところ、多くの方からご好評いただき、当園の麹は山田錦で固定するようになりました。


製造は宮若市の「若宮みそ」さんにて加工を委託しております。
生ですので冷蔵保存で3週間の賞味期限となります。

使い切るまでに2週間以上かかる時、まとめてお買い上げいただいた際は冷凍していただくと数ヶ月はご使用いただけます。
冷凍すると、一般的には菌の力が弱まることが言われています。
しかし、賞味期限内でも冷蔵保存をしていると少しずつ発酵が進み、炭酸ガスが出て袋がふくらむことから、すぐに使われない場合は冷凍されることをお勧めしております。

冷蔵での保存になりますので、当商品をお買い上げの際は送料に冷蔵料金が加算されます。ご了承下さい。


麹の出来上がりは現在は約2週間に1回の製造をしております。
味噌屋さんの都合や在庫の都合上前後することがあります。

【おまとめ割引があります】
これまでは予約が必要でしたが、ご注文のタイミングが合わないことが多くありましたので、2020年5月からは5kg以上のご注文で、1袋あたり50円の値引きをさせていただきくことにしました。
自動で割引は適用されませんので、ご注文確定後に当方にて金額を変更致します。
しばらくお待ちください。

袋詰めは500gと2kgの2種類用意しております。まとめて使われる際は2kgずつご注文いただけると助かります。
袋詰めに関しては備考欄にご希望をお書きください。

送料、冷蔵料金は発送する段ボールの大きさによって変動します。
お米15kg入る段ボールに麹は12kg入ります。
お米20kg入る段ボールに麹は16kg入ります。

その他、ご不明な点がございましたらご連絡下さい。